読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅラサバギ ビヂジョグ ゾ シジミ

ボセパ バンボ ゴロギソリ ロ バギ ズヅグ ゾ ビビビ ザ。

邪悪なるものあらば 希望の霊石を身につけ 炎の如く邪悪を打ち倒す戦士あり

希望を身に付ければ邪悪を打ち倒せるようになるんですかね。おたくな話。

 

 

 

艦これアニメ5話の感想。

いよいよクソレズ脳どもの本格的な侵攻作戦が始まった感じ。今まではチョイ役だったからまだ我慢できていたものの、これからあのクソレズシーンの尺が増えると思うだけで怒りが募ってきます。レズ脳は生物として異常な障害者だと思ってるので、あれは障害者向けアニメなのかなあと思うと悲しくなってきますね。

大井がクソレズなのはもう今に始まったことじゃないのでアレですけど、今回驚いたのは北上がクソレズに汚染されてることでした。伝染する脳の病気って怖いですね。まあ、吹雪ちゃんの指示に従えるだけの判断能力が残されているあたり、まだそこまで進行してないのかもしれません。治れ。でも治る回で沈みそう(予言)

 

加賀さんと瑞鶴のやりとりについてはまあ想定の範囲内でしたが、やっぱりアニメ版の口調はドス効きすぎてて怖い。ゲームと比べると攻撃力1.5倍くらいになってますわあれ。一航戦のヤバい方と五航戦の短気な方を一緒にしてはいけない。自分より練度が劣るものをうまく指揮できないって、それ自分が優秀じゃないって言ってるようなものだと思うんですがそれは。加賀さんも瑞鶴のこと言えない。今回は加賀さんが赤城から教わったタオルうさぎが関係改善のキーアイテムだったわけですが、あれだけでレズ脳は喜べるんですねえ。さすが、お薬必須の頭はお花畑か。「いる?」の台詞はかわいかったけど。

…それと加賀さん、「私まで索敵するの?」みたいなこと言ってましたが、あなたミッドウェーから何を学んでここにいるんですかね。『鶴翼』の過去の戦訓すべて生かして戦う加賀さんを見習ってくれ。いや別に加賀さん嫌いじゃないですよ、うちの艦隊のエースオブエースですし。ただちょっとプライド先行しすぎな気もする。そのうち『仮面ライダー剣』序盤の橘さんみたいな醜態をさらしそう。

一方の瑞鶴ちゃんは売り言葉に買い言葉な面はあるものの比較的真っ当な感性をお持ちの様子。この先、スタッフの魔の手に捕まらずノンケを貫いてくれることを祈りますわ。できれば迷彩になった瑞鶴も見たい。

 

金剛は前回から変わらずのお花畑っぷり。しかしまあ、喧嘩しかしない嫁姑とクソレズに比べれば相対的にめちゃくちゃ真っ当に見えてしまうのも無理はない。他の姉妹の力添えがないと主砲も満足に当てられないのかと言ってはいけないんですよね、これ。あと紅茶依存症。

 

安定の癒し枠吹雪ちゃん。この子が真っ当でいてくれるおかげで辛うじて視聴が出来ていると言っても過言ではないくらいです。クソレズ脳フルカタワどもはこの純粋な子ですらレズに取り込もうとしているようですが、ぼくは断固反対を声を大にして叫んでいきます。この子までレズに成り果てるようでは艦これアニメに明日はない。

今回の旗艦内定は吹雪ちゃんが優秀だったというよりは他がポンコツすぎて反面教師力が働いたんじゃないかと思っています。そりゃあ、誰もかれも指揮できない阿呆ばっかりだったら「私がしっかりやらなきゃ!」と思うに決まっている。それに加えて、戦闘力はそれほどでもないけど指揮には長けるキャラってガンダムにもいるし,

そういう立ち位置なのかもしれませんね。

 

 

アニメを見てて、ここの提督は艦隊の指揮もしなければ艦娘たちのフォローもほとんどしないし、「こいつ単に書類作って印鑑押すだけの機械なんじゃねえか」と思い始めたところで、とっても似通った人物のことを思い出してしまった。サークル幹事長時代のぼくです。爆笑した。ぼくもサークルにほとんど顔を出さずに書類を大学に提出するだけの機械になってましたが、まあなんでそうなったのかはここでは言うべきことじゃありません。多数派との政争に負けた、とだけ申し上げておきましょう。

きっとここの提督もなんかやろうとしたんじゃないですかね、例えばクソレズ自重令とか。それが艦娘の反発を招いて実権を奪われたと考えれば「艦隊指揮は長門がやってる」「艦娘のフォローは艦娘がやってる」ってことも一応説明がつきますね。艦娘たちも一応軍人のようですし、形式にはこだわりそう。なので形だけの司令官を置くことで軍としての形式を守っているのではないでしょうか。全員が全員反発したわけではないので金剛とかの例外もいると考えれば矛盾もないでしょう。吹雪ちゃんも新入りですし。

あと、個人的なものですが「人間の提督に艦娘を救うことはできない」というのがあります。戦争を体験していない若造の提督に、戦争と乗組員たちの記憶を持つ艦娘たちの思いなど想像することもできないし、ましてやいろいろな戦いに根差すトラウマをたかが一介の人間ごときが解決することはできない、という信条です。解決できるのは同じ艦娘だけ。鋼鉄の兵器が少女に変わったところで、やはり人とは違うものであることに変わりはないのです。なので、下手に人間がフォローに入らないのはむしろいいことなのかもしれません。

ゲームの話になりますが、きちんと指揮していれば艦娘から信頼を勝ち得ることもあるだろうし、そういう昔話をしてくれることもあるでしょう。ただし提督に出来るのは解決の後押しだけ、実際に解決するのは当人とその仲間たちのはずです。で、その先にあるのがケッコンカッコカリだと思えばなんだか感慨深く…ならないか。まあ、そんな感じの考えがぼくにはあるので、提督にあまり出しゃばられても困るんですよね。全く出ないのはレズ脳の侵攻を早めるので賛同できませんけど。

話がずれた。とにかく、きっとあそこの提督はただの傀儡です。だから長門も3話の如月轟沈報告の際に提督を責めていない。実際に指揮執ってないですからね。そういう視点からアニメを見るとまた面白いものが見え……てくると思います。たぶん。

 

 

 

 

まーーーーたキモいことを書いてしまった。おたくは死んだ方がいい。

 

 

 

 

おわり。