読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅラサバギ ビヂジョグ ゾ シジミ

ボセパ バンボ ゴロギソリ ロ バギ ズヅグ ゾ ビビビ ザ。

心清く 身体健やかなるもの これを身に付けよ

ぼくが身に付けたら速攻で黒い目の破壊者になるのは目に見えているのでベルトに拒絶されそう。いろんな話。

 

 

 

 

日記のネタは最近邪悪の話しかないのですが、正直そればかりだとここが呪いのアカウントみたいになってしまうので違う話を。好きなBGMの話。

 

ゲームのラスボス戦の曲とかだとよくバックにコーラス入ったりするじゃないですか。ああいうの大好きなんですよね、ぼく。ほんとうにちょろいおたくだ。あと転調したりするのも好き。ちょろすぎてちょろすぎ夫。

【モンハン好きなBGM個人的ランキング】

1:祖なる龍(ミラルーツ戦闘曲) これはたぶんこの先ずっと首位であろうと思われるくらいに好き。半端ないラスボス臭のする曲です。これに聞きほれてると落雷に当たって死んだりします。

2:閃烈なる蒼光(ジンオウガ戦闘曲)おそらくMHシリーズ初となるエレキギターによる曲です。めっちゃくちゃかっこいい。MHP3初登場時にはあまりのカッコよさに驚き、そして本体の弱さに呆れかえったのは懐かしい限りですね。今作の極限ジンオウガは許さん。

3:獄炎の覇王(アカムトルム戦闘曲)すっごく勇者のマーチみたいな旋律が好きです。アカムをやるときはこれを聞くため半分、覇導玉欲しさが半分。

同:絶対零度(ウカムルバス戦闘曲)P2G時代はトラウマ曲でしたが、今改めて聞くとめっちゃくちゃ美しい曲なんだなあ。雪と強風が吹き荒れる専用ステージを彷彿とさせる曲調。いい仕事してますね。

5:最終決戦(ラオシャンロン・エリア5戦闘曲)要するに「英雄の証」のもっとも有名な部分だけ抜き出したBGMですね。ぼくはこれを聞くためだけにラオ連戦しまくって天鱗が余りまくっていました…

同:大敵への挑戦(シェンガオレン・エリア5戦闘曲)こっちはMH2のメイン旋律です。ぼくは正直こっちの方が好きですが、「最終決戦」の思い入れ補正とあいまって同着になりました。街クエだと「老山龍!?」になってしまってこれが聴けないのが最大の悩みどころでした。

7:月震(ナバルデウス・エリア3戦闘曲)これを聴くと海底遺跡で撃龍槍マイスターだったころを思い出します。コーラスもあって、本当に神秘的な曲調です。

8:毒霧(MH旧沼地戦闘曲)汎用BGMの中では最高峰だと思ってます。ぼく的には沼地でレウスレイアを相手取るときの曲ですね。作曲者曰く「フルフル戦をイメージした」とのこと。副題がゲリョスとか知らん。

9:嵐に舞う黒い影(クシャルダオラ戦闘曲)言わずもがな。台風の日には絶対に聴きたくなる曲のひとつですね。BGMは素晴らしいのに本体がとんでもないクソモンスター。

10:深き森の幻影(オオナズチ戦闘曲)BGMは素晴らしいのに(以下略)。和風なのが他の古龍曲と差別化出来てていいと思います。MH4Gからは霧に包まれると曲にもくぐもったような処理が入るようになりましたが、それはそれで味わい深い。

 

 

ついでに艦これBGMランキング。

1:全艦娘、突撃!(13夏イベ道中/現5-1ボスBGM)素晴らしい。この一言に尽きる。なんだかこの曲が流れると勝利フラグみたいな気がしてきます。前までは5-2で聴けたのに今では5-1のみなのでつらい。

2:決戦!鉄底海峡を抜けて(13秋イベ)かの悪名高いイベントのBGMですが、その完成度は圧巻。あのE4を潜り抜けた人間はこの曲を聴くたび敵のカットインの幻聴が聞こえるとか。夜戦といえばぼくはこの曲です。今でもイベント戦でゲージ飛ばすときはこの曲にします。

3:正式タイトル不明(14夏イベMI作戦ボス曲)曲も素晴らしいのですが、バックで流れる歌がいい。MIの絶望的な雰囲気はだいたいこれのせい。ラスボス臭が半端ないので大好きです。

4:敵艦隊、見ゆ!(14春イベE5ボス曲/現6-2ボス曲)すごくいい。実は海域での戦闘では聴いたことがなくサントラのみ。6-1抜けられないので実際に堪能できるのはもう少し先になる模様。

5:夜戦(通常海域ボス曲/通常海域道中夜戦)今の1つ前のバージョンの方が好きなのですが現行のも十分素晴らしいと思います。やったあああああ!!!待ちに待った夜戦だああああああああ!!!

あと「飛龍の反撃」とか「強襲!空母機動部隊」(14夏AL作戦ボス曲)とかも好きですが、やっぱりこの5つは別格ですかね。

 

最近は某MADのせいでGARNiDELiAの『21248931』をループしてます。気になる方はニコニコで「ENDLESS DROP」で検索。前妻を沈めにかかる時の二代目金剛の表情がすごくいい。

 

 

 

 

何千回何万回も生まれかわる。始まりと終わりが交わる場所。

 

 

 

 

おわり。