読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅラサバギ ビヂジョグ ゾ シジミ

ボセパ バンボ ゴロギソリ ロ バギ ズヅグ ゾ ビビビ ザ。

追憶

今回は丸々FGOの話。始めてから今までの回想っぽいものを。

 

序章

最初のガチャから出たデオンくんちゃんやマシュをスタメンにして進行していた。この頃はまだクラス相性も理解してない上に攻撃宝具持ちが居らず素殴りごり押し、ラスボスちょっと前の影エミヤ戦がマジで死闘だった記憶がある(槍が居なかった)。ストーリーを鵜吞みにしてカルデアス展開しエクスカリバー受けようとしたら普通に全滅して撤退したのは今となっては懐かしい。そういやこのあたりの伏線まだ何も回収されてねえな。

1章

前半はほぼNPCジャンヌに頼りきりだった。金鯖は相変わらずデオンくんちゃんしかおらず、そしてPTメンツがほぼ女鯖で固まっていたためカーミラで一度詰まった(マジな話)。このあたりでイベントが1つ2つ挟まり、また英雄王がエミヤくれたりしたような……。この頃は敵ルーラーが硬すぎて絶望を振りまく時代だった。ちなみにうちのドラゴンスレイヤーはハサン先生とケーカちゃん。

2章

フレのヴラドおじさまやジャンヌをひたすら酷使した。魔神柱やアルテラのHPに絶望したのはよく記憶に残っている。正直シナリオはあんまり記憶にない。

3章

ここでようやく初星5のドレイクをゲット。ヘラクレスVSアステリオスが余りにも熱くて泣いた記憶がある(ここで牛くん育成決定)。ラストの魔神柱&メリィ戦、なぜかメリィを先に倒してしまい地獄を見た。みんな気をつけようね…。

4章

これが始まる前あたりに沖田と師匠を迎えたため、乳上は三段突きであっさり倒せたし最後のテスラだけちょっときつかったとは言えほぼ苦労せずに終わった。オートマタ狩りにハロエリちゃんが大活躍だった。

5章

ここで追加されたスプリガンゲイザーバイコーンソウルイーター、一匹たりとも許さんからな。スキルが達者なゴミモンスばかりよく揃えたもんですな。全くお笑いだ。メイトリクスが居たらやつも笑うでしょう。

最後の総力戦よかったよね。味方鯖が大勢退場っていうのも「えっマジで?」みたいな感じで驚いた。魔神柱戦のBGM、「負けられない戦い」って感じで超好き。……敵がどいつもこいつも神性持ってるせいでだいたい師匠のカモだったがべオウルフ戦が一番の死闘だった。

6章

今までで一番コンテ食らったと思う。一番最初の敵がもうヤバくて、これまでの激闘がまだ微温湯だったことをはっきり理解らされた感じ。そして運命のガウェイン戦である。妙に聞き覚えのある旋律のBGMとともに、反則的な永続バフがかかった状態での対峙。普通負けイベントでしょあれ。ここで石1つ。次は太陽王終戦。必死こいて2人目まで倒したと思ったら、本体が無情の チ ャ ー ジ M A X 待 機 無理でしょ。2つ目。

トリスタンに本気でヘイトを溜め、ベディの件で号泣した後、獅子王戦のBGMがヤバすぎてテンション最高潮。決着戦はマシュのキャメロットから我が王のエクスカリバーでトドメを刺す展開になった。聖剣持った獅子王ともまたどこかで会いたい。

7章

今までで一番好きな章。最初の方は和気藹々とした話だったのに、中盤以降味方が退場しまくるわ激闘の末に制した敵がまだ前座という絶望感をしこたま味わった。話進めるごとにどんどんマップがアレに侵食されていくヤバさ。そんな状態だからこそ終盤の展開が余計に涙腺に来る……。「そこに貴様の死神が立っているぞ!」「この一撃を以て決別の儀としよう!」泣くでしょこんなん。エレちゃん実装待ってる。

戦闘?神性ある敵が多すぎて…あっでも翼ある蛇はヤバかったかも。

終章

魔神柱狩りしんどかったね。バイト終わってFGO点けたらバルバトスがもう半分くらい死んでるんだもん。必死に狩った。絆5以上がほとんどいなかったのも地味なハンデだった。

これまでの味方が集合する展開に本当に弱い。溶鉱炉のジャンヌと廃棄孔のエドモンはマジでヤバかったし涙腺に来た。特に不認なりは除く。そしてあのシーンである。涙ドバドバ流しながら「てっめえええええええええええええええ」って憎しみだけで戦闘してた。勿論令呪は切った。でもラストバトルは本当に好き。石割らされたので勝ち逃げされたと思っている。大切な後輩をあんな目に遭わされた恨みは消えないが、ゲーティアはどうにも嫌いになれない。

新宿

シャーロキアンの端くれとしてあの教授はどうなのって感じが否めない。いや良いキャラしてたとは思うけれども。一番の強敵はやはり犬、石割らされた。シナリオ上で一番悲しかったのも犬だったなあ…。この話では正直ボブの立ち位置はよくわからなかったが、我が王とジャンぬがしこたま可愛かっただけで充分である。

番外:CCCイベ

メルトをひたすら大切にしたくなるシナリオ。そして前述の通りぼくはゲーティアをそこそこ気に入っているので、なおさら今回のラスボスが嫌いで憎悪のまま殴り殺してしまった。最後の美味しい所を持って行った彼は「どんなに変質しようが自分の根本的な在り方までは変わらないんだなあ」と嬉しくなってしまった。再起動シーン本当に好き。シナリオ全部終わったら、是非きのこの日記を読んでほしい。

 

 

 

 

 

シナリオ読まずに進める人もいるらしいが、このゲームで一番面白いものを捨てて一番つまらない戦闘だけするってそれもうFGOやらない方がいいんじゃないかなって思っちゃう。怒られちゃうかね。

 

 

 

社会的な死。