読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヅラサバギ ビヂジョグ ゾ シジミ

ボセパ バンボ ゴロギソリ ロ バギ ズヅグ ゾ ビビビ ザ。

中途半端はしません!きちんと関わりますから!

物事、中途半端に関わった方がかえって助かることも多い。

 

 

 

 

・最近読んだ本。

『陽炎、抜錨します!5』(ファミ通文庫

前巻は過去編でしたが、今回は幌筵泊地。陽炎率いる第14駆逐隊は、あの難関キス島を攻略するための戦力として呼ばれ極寒の幌筵へと赴く。そこの秘書艦は、呉や横須賀では考えられないくらいなんとも頼りない軽巡で…?というのがだいたいのあらすじ。阿武隈木曾まるゆというある意味濃いメンツに負けないくらい個性的な14駆逐隊の面々は、やはり1巻の時と比べるととても成長したなあという感じがする。

今回のクライマックスはまるゆを逃がすため囮になった曙以外の14駆逐隊と、それを助けるため出撃する各鎮守府からの助っ人駆逐艦たちのシーンでしょう。今回も霞ちゃんの出番があるとは思っても居なかったので、出てきた瞬間におもわず叫んでしまった。まさか曙が弱みを見せるとは思わなかったし、この子が出撃時に陽炎みたいな台詞を吐くとも思わなかった。最後のブチギレ阿武隈は神通にも匹敵するくらいのおぞましいオーラ全開だったのでやはり水雷戦隊の旗艦を怒らせてはいけない(戒め)

4巻出た当時は「なんでここで過去編なんだ…」と思っていたが、5巻読み終わった時点で「あれは必要だったんだなあ」と感じることができた。ゲームでは正直戦力として考えづらい駆逐艦ではあるけれども、そんな彼女たちの気合いと根性と友情で為し得る勝利の物語、ぜひ堪能していただきたい。今回も素晴らしかった。

 

 

 

ぼくにともだちはいません。

 

 

 

おわり。